catalog&text

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

くまは2年前のもの

自分の美観がいわゆる美しいというところになければ、これが美しいんだよ。という言い方よりふさわしい言い方があると思うんだけど、それってなんだろう。

ずっと軽い人でいたいと思っていたけど、最近少し、振り返ると何かあったと思いたい。

私は昔から厭世主義的で、どうせ誰かが決めたことだからルールなんてもともとないし、この世界がどうなってもかまわないと思ってしまっているから、そう思いながら自分の作品や仕事に対して現実の枠を作りながら作っていくことは自分が絶対的だと困難だ。
いつかハワイに住みたいという親のために一生懸命働くのって、もうやらなきゃいけない時期なのかなって。
応援してくれる周りの人のために、何かやろうってことをあまり強く感じなかったここ最近。そういうことに関して鈍いし、すぐ忘れてしまうから、内藤大助のマイクパフォーマンスはあまり好きではないけど、人のせいにするって言い切るところはお手本かもな。
それでなくても周りには素敵な先輩たちがたくさんいるし、同年代の友人たちも会ってない間にいろんなことを経てきてるんだ。

そうやって変わった考えがまた少し変わってきた。
角はどんどん取れていくもんだ。

くま
スポンサーサイト
  1. 2008/12/24(水) 02:19:44|
  2. private
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンプルではなく深層的というか

今日は朝からプロダクトデザインの思想の中の川上元美さんのブリッツの章を読み返す。
ブリッツ(チューン)はやっぱり教科書みたいなもので、これを見、読み返すと、表層のデザインが多い中でデザインはいかに革新的にひっそりと、人を快適にさせたり感動させたりできるかということだと再認識する。ファッションでは表層のデザインの中で、本にも書いてある挑戦的姿勢と現実的姿勢のバランスを見出していくこと。なんだかうまく書けないけれど、川上さんとブリッツは私のファッションデザインの理想を、遥かな高みへ運んでくれるものの一つです。
シンプルでこなれたデザインではなく、人の心に対して清い姿勢で佇むこと。


blitz
  1. 2008/12/18(木) 21:46:37|
  2. design
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rock me baby tonight

ここ2ヶ月くらいやってきた島精機のショーのための準備が一区切り。だので3人で古着屋めぐりだの飲んだりだので楽しい時間を過ごす。その後シアタープロダクツと関係があるという演劇を見に行く。途中までシアタープレゼンツかと思っていたので見方を間違う。その後呼んでくれたスタイリストの方たちと朝までコースで、キョウコさんはスキップで、ダイゴさんは大誤算。私も久しぶりにお酒を飲んで楽しくなれたのでよかったです。だけど笑えば笑うほど涙が出そうになるのは何ででしょう。
びっくぼーというあだ名をつけてもらった。


Bicぼー


ミスチルの曲をいくつか聞いた 
  1. 2008/12/15(月) 01:20:21|
  2. private
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サービスサービス


  1. 2008/12/12(金) 07:39:05|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横トリ滑り込み

最近サービストークって自分全然できんなって思う。ていうかすごいやりたくない。商品とか企画のいいところばかり言ってるのがすごいいや。自分にうそつきしたくないというわけ。はいここまじめ。というかまんまとばかな人に買ってもらっても嬉しくないよね。ていうのはどうなんでしょう。そういうときに、わかりにくいコレクションつくってわかったつもりでいられるのとか嫌やし、だから対峙するお客さんの一歩先の目になればいいと思うわけ。だからもし日本最大級のアパレル合同展示会に出るときは、ファッションの価値観の方よりも、プロダクトとしての衣服の方を優先したいかなという目算です。なんだかどファッションの中で高級な服を作ってトレンドをつくりたいというよりも、おねいさんでもおばちゃんでも普段着の服をちょっと素敵なものにしていく方が自分に正直な気がします。自分のためにアーティザナルなものもつくると思うけど、超安い服とそんなんがあってもいいと思うし、ネットがあるんだから価格帯とかそういうわかりやすさとかいらないんじゃないですかねぃ。だからそういうことでいうと、ネットで販売はとてもしっくりきますね。
学校では自分らしく個性を出すことを要求されるが、そもそも服とは自分らしさを着てもらうものではない。自分とかの今な感じを着てもらうことだろう。アイディアを出すところは自分の経験だから、自分に向かうのは当たり前だし。自分が通ってきたからこそファッション教育ってどういうつもりなのか今更意味がわからへん。他の教育の場面でもこんな感じのがあったりするんでしょうか。就活を前に、これができますという確信がないことに気づく。イメージを具現化するというふんわりとした個人のセンスレベルでの正解のない価値観は、もはや新人デザイナーにとって無価値じゃない?ていうか、新人でデザイナーってないと思います。デザイナーは経験者ですから。
私はまだ言葉事典を手に入れただけのように思います。
なんだか殴りタイピングで、ほんとにメモですね、、
  1. 2008/12/03(水) 01:19:21|
  2. fashion
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。