catalog&text

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニットのショー

先日、昨年8月あたりから始動した島精機のニットを使ったコレクションのショーが終った。
私たちはイッセイの就活のときに偶然出会った3人でそれぞれにいろいろ掛け持ちながら5体を作った。
セントマニット科出身の恭子さんが、日本を出たことない私にとってカルチャーショックで、一般的なデザインの進め方とか男性観に至るまで、いろいろ知れた気がする。ファッションってどういう人がやってるもんなのか、セントマで学ぶってことはどういうことなのか。日本でファッションを勉強しているのとは全然違う気がした。相手を見て、戦う!という感じ?私はもっとがんばれる。という感じ。

ショーはトップで、5体って少な!と思っていたけど一つずつ練りに練ったルックだったのでインパクトもあるしきれいだし、とても良いものだった。ヌードカラーで作ったのだけど、ニットだったからどっちかというとパウダーファンデーションみたいなすごく繊細な印象。

島精機の技術は思ったよりもうまく飲み込めなくて、できることが限られていて、最終的には自分たちでオートクチュールな作り方をしたのだけど、機械ってここまでっていうところが体感できでよかった。お弁当がなかったのは憤慨しかけた。短気なもので。

また思い出したら続きを書こう。

スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 10:18:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐです。

贅沢に服を作れるようになったら、優秀なパタンナーに自分で選んだ素材を渡して、これで好きなものつくってよ。というだけの服の作り方がしたい。

どこまで弱く作れるか考えていたけれど、服が弱くなりすぎると買ってくれる相手がいないだろう。ポイントがあるかどうかが今私の中ではポイントです。キュンポイント。です。


もう間近で、そしてこのブログを誰に見てもらっているのかわからないのだけど、衣装をしている群々の公演がもうすぐ
群々の公演詳細
お時間あればおいでください。
きっとすごくおもしろおいです。おもしろい体を持った感度の高い人たちです。
もれなく竹内か大久保がお出迎えします。
お出迎えするために衣装を上げなくては。汗。

  1. 2009/03/09(月) 00:53:55|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイパー

先日運よくNODAMAPのパイパーのチケットがとれて、千秋楽に観に行った。聞いてたよりは普通だったけど、出演者が魅力的で豪華だったから良かった。
終始アンサンブルで出ていた長谷川さんがおもしろくって、かなり目立っていて、そっちばっかり見てしまった。最後のアンコールでは私の中では長谷川マップだった。出て良かったと思う。
演者が豪華だと見る人の目が温かいから、なんだかしらけてしまうところもあったけど。昔の名作を見てみよう。
野田さんの声が素敵すぎる。
あとサトエリのスタイルがすごすぎる。
  1. 2009/03/03(火) 13:15:19|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。