catalog&text

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

装苑賞

装苑賞、自分のやり方で賞をとりたいと思ってやっていたけど、何もとれなかったな。
でも私はこうしようと思って、それに対して審査員の反応、と友人先輩たちのアドバイスがとても有難い。
今回の服は、新しい素材とか作り方とか誇張したフォルムっていうのはもういいと思っていて、オーガニックな新素材を使って、見えないものとか、雰囲気とかを静かな服の中に浮き立たせたいと思っていた。あと働く女性を思いながら作ることを決めていた。シルエットに関しては、ボディラインがナチュラルでコンパクトであるかわりに腕の方にボリュームが逃げると思っていてつくったシルエット。でもこれは半年前に思っていたけど今はちょっと違う。あと日本人らしいつくりでありたかったから、影とか、保守的な見た目とか、そこに全てが見えると思うなよ。っていう粋の部分とかを入れた。
あとは、作る時間が少なかったことは反省点。


何人かの先輩にもらった言葉が、審査員の言葉より近くで響く。
服って何かちょっとわかってきた気がする、
っていうとまだ少し生意気かもしれない。
私はずっと雑誌の中のファッションに憧れていたから、体感してないんだ。


気づくことは、まだまだたくさんあるよ。





スポンサーサイト
  1. 2009/04/29(水) 02:53:38|
  2. contests
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教えてもらったことだけど

戦うつもりがなかったらファッションやめたら?という問いかけは、
私の中で私は戦いの場にいたという解釈でした。

そう思うとファッションっていつも、これじゃ古いぜって人が自分の正しいと思う美意識をもって他の人たちに見せていくこと。厳しい立場にいる人が同意者を得て増えていく変化のこと。
戦いたくない人のいる場所ではありません。なるほど。

私は最近作りたい服の答えがまとまった。



  1. 2009/04/21(火) 01:03:33|
  2. fashion
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の好きなデザイナー

時間の流れを毎シーズン感じさせるコレクションを見せてくれている、MIKIOSAKABE。私にとってはトレンドの変化というより、坂部さんの考えてることを服を通して感じることができるという意味で。
最近直接話を聞ける機会がなくて残念だけど、インタビューで久しぶりに聞けたことが嬉しい。
坂部さんの服は、リアルになったところで着るというよりも見るものに思える。


坂部さんのインタビュー


リトゥンはデザイナーが一人になったし、時間の経過と共にいろいろ起こっては流れていくんだな。


私は今日一日で痩せた気がするし、顔が手の平におさまるサイズにちいちゃくなった気がした。
戦う気がなかったらファッションやるな。
って、
寝てないけれど体は動くもんだよね。
  1. 2009/04/13(月) 22:38:21|
  2. fashion
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うむ!という言葉

暗くて湿ってるけど、暗くない

これって一部の日本らしさじゃない?
とかって思いつつ、装苑賞ではこんな雰囲気を作りたいと思っている。

こんなときにこそ装苑賞とらないと損じゃない?みんな良い服ができるといいね。今年はかなりリアルだよ。
いいアイディアが浮んだと思ってつくると意外とそうじゃない。そこを感覚で埋めていくときに軽さが出ると思うんだ。そこが半年前と違うところ。
絶賛お直し中!
  1. 2009/04/02(木) 00:32:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Show must go on

今日は主にアンデパンダン展を引き上げる。
片付け2日目に行ったので片付けも全部されていて、面倒だっただろうなと申し訳なくおもっていたけど、大悟さんが日本美術会の人たちにとても好かれている様子だったのでなんだかほっとする。
日本美術会にとって大悟さんは救世主的な存在なんだろう。
んまーそこは日本美術界であってほしいところだけど。
がんばれ!!!!!!!なのです。


今は私はファッションシステムのバイトを少ししながら装苑賞の直しなどで時間を割いていて、その次にやるのもTさんの作品の一部を作る仕事。結構作品ばかり作っているなぁと思いながら、今の生活が金銭面以外ではストレスのかからない自由な生活。
キャバクラをやろうかと友達に言ってみるものの、実際やるかはわかりません。


さて新生活もスタートで、ハイパーリアリスティックな一年の始まりです。
部屋がちっとも片付きません!

  1. 2009/04/02(木) 00:06:03|
  2. private
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。