catalog&text

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麻婆豆腐待ち

一番へたなやり方で生き抜いていきたい。
うまく生きていくなんてまっぴらごめん。
生まれたときのままの感情と感動で
誰の指図も受けずに、不器用に、へたくそに
感情のままに、ピュアに。
今を乗り越えて、思い通りにいきてく日まで
それまでは我慢とプロ意識と奉仕と修業の気持ち。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/13(金) 00:54:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

爆弾低気圧のなか。

おととい結婚した。
とくに変わりはないけど、とりあえずふたり家族になった。




さて、次のシーズンの企画に入ります。
新しい人が入ってきたり、自分が隊長のブランドが始まったり。
少しずつ変化が見えてきた。


自分の整理したいことをメモとして。


デザイナーとしての自分の強み、特徴は?
世界観作り、イメージビジュアル先行型。
最後に落ち着く部分に対してのアプローチから始まる。
店頭イメージとか、今回の場合だと、ワンラック提案。女性像のフォト。
作り方に関しては
アイテムから、素材から、かたちから、ディテールから、臨機応変にこなせるけど
特徴的なところは少ない。
色に対するこだわり強い。
素材に対するこだわり強め。
アーティなこなしはたぶん上手なんだけど、そこはアパレルでは使わないかも、、。
と思いつつも、強みであるため、少しでも入れていくように注意。



目標は
・見たことない、わくわくするものを、ワードローブの新しいアイテムとして手にいれたくなるリアル感。
・ぶれない女性像


売れるものが反乱しすぎたので、八方美人の洋服に飽きてきた。
これから新しく作られるブランドは、オンリーワン感がとても大事。
このデザイナーの作る服だから買う。
この店にセレクトされている服だから買う、
珍しいディテールの服だから他になくて買う、など。
ぶれていない心意気が、ぶれることが大事なこの社会でひっかかりととっかかりを生む。
ただオンリーワンと言っても、
売れる服の氾濫を経験している消費者にとっては、
珍しさのなかに、受け入れやすさが必要で。
それは、好感のある色やかたち、使いやすいかたち、はん用性などのハッピーポイント。
プラス、独自価値。
これをマスターしていれば、商品は動くと思う。
あとはマーケティングとMD。

ある程度数を作って、手軽感を少しでも出したい。
それには、たくさんの卸先を持つこと。
つけやすいアイテム構成を考えていくこと。


これをふまえて、さあ実践。



  1. 2012/04/03(火) 19:09:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。