catalog&text

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンペの服を思い悩みつつ。

この前原研哉さんがラジオに出られていて、その時におっしゃていたことが最近反芻されるのでとどめておく。
新たな何かを提案すると、それを見た瞬間、人は新たなステージに立つ。
実際使う・使えないじゃなく、そういう次世代のスピリット・時代感を感じ取った瞬間ということ。
そういうものを作れる機会があるので、見た人の刺激となれるようなものとコンセプトを作っていきたい。

最近ロスチャイルドとかロックフェラーとかのことを読んだりしている。
あと、フランク・ロイド・ライト 建築は自然への捧げ物という本を読んでいる。
どちらももう少し早いうちに読んでおけば良かった。若い子には読み・知ることをおすすめしたい。

先日、夢を見た。見たことない入り組んだ町並み、商店街の店の位置関係の把握のしかた、暗い3階建ての安藤忠雄風の家の中のディテール、家の中の水槽に入っている魚やクラゲのディテール、色。どこからそんなイメージが出てきたのかわからない。世界観が上出来すぎて、忘れていくのがもったいない。

会社を10月20日で辞めることにした。
丸4年いました。いろいろな経験をさせてもらって、ブランドを任してもらったり勉強になったけれど
同じくらいつらい経験、歯がゆい経験をした。
会社というものは、上の人が安泰な限り、下の人が何を言ったって根本からは変わらない。
こんなちっちゃい規模でもそうなんだから、国の組織とか、期待しても何も変わらないと思う。
逸脱するしかない〜。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/07(土) 20:55:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。