catalog&text

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古い、という先入観

WWDなどでの東コレ批評が予想外、だったらしい。
それを聞くに、服で勝負しているところが良いと挙げられているように思った。
言葉で繋がった時代を感じることよりも、見た目のディテールやシルエットの簡潔ぶりの方が潔く見える。きれい、と思う一瞬の価値を選ぶことの方が軽い。
ただのきれい。に追いつかなかったかもしれない。美しさの価値観を変えることはほんとうに力のいることだと思った。

自分の時代の時代感を感じようと思った。ギャルソンやヨウジを着ている人は少なかったし、皆勝手で個人的だった。もう自由は持っていたし、何かを主張することよりも場所の選択がスタイルを変えた。フルーツを愛読して、デコラやロリータ、サイバー、どれでも派手なものは全部着たいと思った。当時好きだったブランドは、ビビアン、ネメス、フェトウス、W& LT。制服のスカートは高校終盤急激に長くなった。ファスナー全開の腰スカートだった。服を勉強しだしてギャルソンがファッション史の中で一番好きな出来事だった。ボディミーツドレスは自分のファッションの原風景だと言っている。でもオンタイムで一番おもしろかったのは海外の学生の作品。瀬尾さんや山縣さんの作品がすごく好きだった。

自分の時代の価値観があったはずだ。ファッションおたくにならなかった自分の時代の価値観があったはず。そろそろ自分のものさしを使いだしてもいいかもしれないと思っている。
  1. 2008/09/21(日) 02:02:53|
  2. fashion
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3時に出ようと思ったのに | ホーム | アーティストじゃない、デザイナーだ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigcratercolor.blog116.fc2.com/tb.php/14-fd1e176c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。