catalog&text

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カゴメのウスターソースがない

5枚切りの食パンもない。それが東京の惜しいところです。

友人の学校(IAMAS)がやってる大垣ビエンナーレに行く。
案内をしていただいたので、楽しめました。
とってもいいなって思ったのが二つほどあって、ひとつは氷でできたレコード。レコードが解けていくと共に音楽がだんだん雑音になっていく様子が感動的でありました。
もうひとつ、コンテンポラリーミュージックのコンサートにて、アンケートアート。こういうものが現代的っていうんだなって思った。でもさっき聞いてみたら、大垣でやってたやつが一番現代的に感じた。大垣でやってたやつは、ピアノ2台とパーカス2人とコンピュータなのだけど、あれがよかったです。もう一回聞きたいな。武満徹作曲賞のときの作品も聞いてみたい。あとビジュアル的にもシンメトリックなところに現代性を感じた。重さがあるけど熱くない、感情的でない作り方、その結果できた曲が結構感情的になれるっていう、完成度の高い作品でした。重さを跳ねのける弾力性みたいなものが、あったように思う。こういうの専門外だし文章にするのが難しい。へぇ。
思うに2つ以上の違う感情とか違う性質のものが合わさったときにできるこんがらがる感じを現代的っていうんでしょうか。

あと島精機の本社の見学に行ったりした。サンプルを見せてもらっているとき、世界のシマで作ったニットのスカートの中からチュールが出てきたのが少し衝撃的でした。あと、やはりプロに対してノーギャラで仕事させるのってすごい失礼。

あとは、川崎和男さんの言っていた何かにどきりとしたのだけど、何だったか忘れてしまった。

あと装苑に載った作品を見てみると、写真が思ってたより良くなかった。白いところは飛んでるし、黒いところは見えないし。あとやっぱ写真もシンメトリーの方がいいな。それかもっと寄ってる写真が良かった。足元に負けてる気がする。でも載ってます。ちらりと見ていただければ幸い。
  1. 2008/09/28(日) 01:19:20|
  2. art
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<理想 | ホーム | 3時に出ようと思ったのに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigcratercolor.blog116.fc2.com/tb.php/16-862150c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。